Coco壱番屋晴海トリトン店

久しぶりにココイチにきました!カレーは甘いのが好きなのでいつも一番甘いモードをお願いします。


もし可能であればそう店員さんに言います。


よく辛くするのはいくらでもできるパターンありますがココイチですと1がすごく甘めなので対応が優しいですね。


助かります。


一度辛さ5を挑戦して食べきれなかったことがあって。


辛いのも美味しいですが、息子のカレーの王子様を横取りするくらいの甘党なんでしょうがないですよね。


と考えるとふつうに
皆さんよく辛くしてますよね。



別に辛いのが嫌いなんじゃなくてカレーはなんか昔から甘いものとして育ってきてしまったので。


ちょっと間違ってますね。


とび辛スパイスはなので本日も使わずでした(笑)ココイチと言ったら
トッピングですね。


ウインナーにうずらの卵っていうのが一頃はまってたラインです。


あれなんだったんだろう?なんだか意味の分からない無国籍っぽさが私は好きだったんですね。


最近はやってなかったので久々にトライ。


種類が豊富にそろっているのでいつも迷ってしまいます。


懐かしい味、なんとも食べやすいしウインナー&卵の安定した美味しさは見事です。


これははまってしまうなあ。


なんだか学生時代を思い出しました。


ナイルレストラン

もうずっとずっとずーっと気になってました。


築地本願寺の向かいにたたずむこのお店、ナイルっていうからエジプト料理なのかな?と思いきやインド料理の名店、高校生のとき通学で目の前をよく通っていたんですが、その頃からずっと気になっていて、でも高校生が一人で入るにはミステリアスすぎるあの看板とお値段で、ずっと気になりながら保留状態だったんですが、先日ついに行ってきました!!というわけなので、ここはど定番のムルギランチを注文。


1500円だったかな?大人になった今ではさほど抵抗はないですが、高校生の当時は目玉が飛び出るような値段に思えたなあ。





さて、お料理がやってきました。


「ヨクマゼテタベテネ」って言われるといろいろなブログなどで見ていたのですが、ほんとに「ヨクマゼテタベテクダサイ」って言われたのがちょっとうれしかったです(笑)よく煮込まれたチキンはほくほくとしていて、チキンとおなじくらいじゃがいもの存在感を強く感じました。


辛さはしっかり!意外と、日本人になじみやすい味で、きりっとしながらもほっこりやさしいかんじがするのは、やっぱりこのじゃがいもの食感からくるものでしょうか。


この食感は、一口目はあれ、こんなかんじなんだ…と印象が薄いかんじがするのですが、2口目から妙になじみ、虜になっていくかんじです。


備長扇屋京急雑色店

たまに食べたくなる焼鳥。


この衝動はもはやどうしようもなく、スーパーに陳列されているそれでは納得できず店に走る。


走ったのはメタファーではなく本当に。


だってこんなに寒いのだもの。


家から徒歩10分強の道を俺たちは駆けた。


小走りで。


備長扇屋はその名の通り備長炭で焼き上げてくれるよう。


やはり炭火焼き鳥は香ばしさが違う。


一本一本焼いてくれるのにこんだけ安いと助かるよね。


どうしても塩に頼ってしまいがちな焼き鳥ですがこのお店はタレもなかなか。


やはりねタレですよ焼き鳥は。


一通り串を注文。


肉なのでこれだけでけっこう腹が一杯になるのですよ。


炭水化物は不要です。


串揚げメニューもあるので、好奇心で注文。


思いの外メニューも多いのね。


タレの二度づけ禁止と、ルールも本格的。


大阪に来たみたいだ。


テンションがあがる。


熱々でカリカリしているもののいたって普通。


串揚げ目的で行くことは無いけれどビールによくあうね。


これは序盤焼き鳥後半串揚げという試合運びが見事成り立ちます。


酒の種類も多いのでビール、ビール、日本酒、日本酒、焼酎と気持ちよく飲ませていただきました。


焼き鳥は安くて美味しいし、種類もある。


やはり串焼きはこうでなくっちゃね。


すき家 新高円寺東店

高円寺の駅を出て南に下ること約10分。


青梅街道と交差する位置にあるすき家です。


このあたりまで来るともう高円寺という感じは薄れていて、人によっては高円寺じゃなく、新高円寺でもなく、むしろ東高円寺エリアと認識されているかもしれないんですが、私にとってここはまぎれもない高円寺なんです。


なぜならば、高円寺でライブを見たあとはかならずここで牛丼を食べるから!高円寺ってファミレスがないんですよね。


もうちょっと中野方向に進むと華屋与兵衛っていうちょっとお高めの和食ファミレスがありますけど、お金のない若者がたむろするような店がないんです。


さんざんうろつきまわった挙句、見つけたのがこのすき家!その牛丼のおいしかったこと!それまでは牛丼は絶対吉野家と思ってましたが、この日を境に宗旨替えしてしまいました。


さてその日食べたメニューといえば、やはり牛丼。


牛丼がこんなにおいしかったとは…!空腹と、歩き回って疲れたからかもしれませんがとにかくこの日食べた牛丼が強烈にインプットされて、すき家のよくいえばかみごたえのある肉じゃないと牛丼と感じなくなってしまった次第です。


それも大盛りにして、幸せをかみしめました。


ベーシックな牛丼にこれに七味、あとは後半で店内に置かれているタレをかけて楽しみます。


Coco壱番屋東武浅草駅前店

Coco壱番屋を意外な場所で発見しました。


まさかの浅草で。


たまたま営業中に発見。


お腹へっていたタイミングだったというのもあって無意識的に足を向けてしまいました。


浅草みたいなむかしながらの下町にあるなんてびっくり。


店に入ってみます。


当然ながらコレと言って、オススメ的な物はないです。


浅草だからって変わったことはやっていない模様。


チキンカツカレーに一目惚れ。


そう言えばまだ一度も食ったことはないんですが。


果たしてどうか。


お

ココイチでは“5辛”をファーストチョイスにしている私は、チキンカツ分も踏まえて4で押さえます。




ココイチのカレーはカレーと言っても極普通です。


特段頑張ってもいないし、頑張ってなくもない。


微妙に水っぽいのが店っぽいって感じかな。


でもね
チキンは揚げたてサクサク!!

柔らかく仕上がったチキンカツは結構レベルが高く食べやすい。


そしてカレーにぴったりと合いました。




古漬け風の福神漬けもココイチのカレーには欠かせない存在です。




こうして改めてココイチでカレーを食べてみると、バランスが良い気もしてきますね。


それにしても今日の殊勲はチキンカツだな、またいただきたい豪華なトッピングでした。


ごちそうさんでした。


バルマル 松戸